LINE@はじめました!超おトクなお宝案件や節約情報を不定期にお届け!

友だち追加
アカウント名は「@myq5525h」

      2014/10/20

【ウォーターサーバーの落とし穴】違約金のせいなのね!(最低契約期間にご注意!)

 

美容と健康のため、そしていつでも冷温水が飲めるという手軽さもあり、最近ウォーターサーバーがもてはやされています。

ミネラルウォーターを飲む女性3

各ポイントサイトでも高額のポイント付与にてしのぎを削ってますよね!
14092901.png
14092902.png
1万円を超える案件もあり、前からウォーターサーバー使ってみたかったので、申し込んじゃおうかな・・ってお考えのあなた!
少しよく考えてから申し込みした方がいいですよ。

まず、ウォーターサーバーってのは携帯電話と同じで
契約期間を満たない解約をする場合、違約金を取られる

ってこと。
下に各社の違約金(解約金)をまとめてみたので参考にしてみてください。

ウォーターサーバー各社の違約金

会社名    拘束期間 違約金(解約金)
アクアクララ 6ヶ月 3,240円
コスモウォーター 12ヶ月 5,400円
アイディールウォーター 2年 13,500円
フレシャス 12ヶ月 5,400円
富士の湧水 12ヶ月 5,400円
DMM.水 12ヶ月 5,400円
サントリー天然水 なし なし

上記通り、違約金は結構バカにならない金額ですね。
アイディールウォーターに至っては、契約(拘束)期間が2年で違約金が13,500円!
いくらポイントサイトでポイントをもらったとしても、短期の解約ではあまり割に合わないってことになりますね。
ですから、本当にウォーターサーバーが必要かどうか、よく検討した上で申し込みをするべきですね。
違約金以外にも注意すべきはポイントがありますので、下記を参考にしてみてください。
ウォーターサーバーについて注意すべきポイント

1.水の種類

一口に「ウォーターサーバーの水」と言っても、「天然水」と「RO水(不純物を完全除去した水)」と2種類あります。
用途に応じて選びましょう。
2.ボトルの回収方法

「ワンウェイボトル」(使い捨て)と「業者による回収」があります。
ワンウェイボトルだと業者に回収に来てもらう煩わしさが無い反面、自分で資源ごみとして捨てないといけないという手間がかかります。
3.「最低利用本数」をチェック
「最低利用本数」とは1ヶ月に◯本以上お届けします、という制度のこと。
各社ごとにこの本数は異なるため、自分に合ったものを選ぶ必要がある。
水を飲まないうちに次の配達が来た・・ってことのないようにしたいですね。

ご参考に。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です